ネットde選挙 導入事例

公益社団法人 日本薬理学会さま

会員数:約5000名(平成28年現在)
代議員数:140名
WEBサイト:http://www.pharmacol.or.jp/

代議員選挙

日本薬理学会様の選挙では各支部合わせて1000名を超える候補者がいたため、投票方式を『コード入力型』にて選挙を実施しました。候補者の数が非常に多いため従来の選挙では、開票・集計作業にスタッフ総出での泊りがけだったそうです。
ネットde選挙を導入したことでこの作業がわずか2時間で終わったと大変喜ばれました。投票率も全体で5%~10%上昇し、投票期間中に投票率が低かった支部には投票者へ呼びかけを行うなど、能動的な選挙活動が実施できたとのことです。

理事選挙・監事選挙・常置委員選挙

当選者はそれぞれの選挙で違う規則に則り決定される。という少々複雑な選挙だったのですが、ネットde選挙ではあえて投票結果をシステム上で集計することなく、結果そのものをエクセル形式でダウンロードできるようにしています。
これは投票結果を様々な規約・組織に合わせて集計できるように設計されているためで、機能としてはシンプルに見えますが柔軟性が高く、バグによる不安要素を排除しており、安心してご利用いただけるシステムとなっています。

指定学術団体 錯体化学会さま

会員数:約1000名(平成27年8月末日現在)
候補者数:10名ほど
WEBサイト:http://www.sakutai.jp/

会員システムとの連携で選挙の完全電子化に成功!

錯体化学会様では弊社の会員管理システムを導入されていたため、候補者や投票者のデータを会員管理システムからコンバートしつつ、一斉メール送信機能を活用して選挙の全てを電子化して大幅なコスト削減と作業の効率化に成功されました!

選挙は候補者10名ほどに投票者推薦を加えた選挙方式でしたので、投票形式は『チェックボックス型』+『自由入力型』(推薦投票)で選挙を実施され、滞りなくスムーズに選挙を終えられました。